staff

norio murakami

村上 則夫デザイナー
一級建築士

profile

誕生日/1969年1月27日
星 座/水瓶座
血液型/AB型
出 身/栃木県小山市
好きな本・映画
『竜馬がゆく』『ギルバート・グレイプ』『メリーに首ったけ』『shall we dance?』
今の仕事をはじめたきっかけ
最初はハウスメーカーの営業をしていました。自分でもプランを考えてお客様にご提案していたのですが、やはり専門の設計には敵わない。本当にいい家を自分で設計して喜んでもらいたいという思いから、当時の上司に無理を言って設計にしてもらったのがきっかけです。

message

私は「○○なところ」が潔い
今までの経験にとらわれずに良いと思った事はをどんどん取り入れることです。もちろん自分の信念に基づいてですが、なるべく柔軟に考えて、やった方がいい、変えたほうがいい事は取り入れていきます。建築も日進月歩、自分の経験、知識だけでは時代にあったこれからの「いい家」をつくることは出来ません。自分自身も提案する家も常に進化していくように心掛けています。
私が考える「家の中の艶」とは
家族の笑顔が集まる場所です。それはイコールリビングではなくダイニングであったり、ウッドデッキであったり、その家族の暮らし方によってさまざまです。家族が自然にそこに集まって笑顔になれるように空間として豊かにすることが大切だと考えています。そしてそれがひとときのものではなく30年、50年と永続的に色あせない、味わいのある空間となる事が理想です。
これから家をつくる方へ
今の生活を見つめ直して、それと同時に将来も見据えてどんな暮らしを望んでいるのかをじっくり考えてみてください。暮らし方のテーマをつけてみるのもいいですね。その暮らしを豊かにするこだわりも大切です。無駄を省き合理的にそれらを実現することで満足できる「いい家」をつくることができます。こだわり、性能、広さ、コスト、地域性など考えることは沢山ありますが、それらをまとめて一番いいものをご提案させていただきますので是非ご相談ください。