style

純栃木産、家族をつなぎ、
日本人の暮らしに馴染む家

本当に価値のある家とは、どんなものか。創業以来、ずっと考えつづけてきました。たとえば住むことで、家族の絆が育まれ、笑い声が響き、かけがえのない瞬間が刻まれていく…。そう、私たちが目指したのは、ただ住むことだけを目的とした家を超えた存在です。三十余年の歴史の中でずっと大切にしてきた想いや、脈々と培ってきた智恵と技をすべて詰め込んでいます。

思い出と絆がうまれる『憩いの空間』

「茶の間」に着想を得て作られた『堀の間』は、床を40cm掘り下げ、四方を囲むことで出来上がる空間。家族との距離が縮まることで生まれる一体感が、リビングにコミュニケーションを運んできます。団らんも、食事も、日々の語らいも。この場所を通して、たくさんの思い出と家族の絆が育まれていくことでしょう。

伝統と先端のデザインコード『和の外観』

日本家屋が持つ伝統と、近代建築の洗練が見事に調和する外観は、蔵の街、栃木の景観にすっと溶け込んでいきます。大きく張り出した「軒」が風格を、水平に伸びる「切り妻屋根」が美しさを、懐かしくも新しい「自然素材」が普遍性を与えた堂々たるファサード。永く住み継がれていく家として、ずっと街と人に愛されることを願います。

四季を問わず快適を保つ『ダブル断熱工法』

上へ、横へ、大きく広がる空間を、1年を通して快適な空間に保つのが『ダブル断熱工法』です。建物全体を外側と内側の両方から断熱材で包み、気温の変化が激しい環境にも対応。また一般的な断熱工法ではなし得なかった基礎下に敷かれた断熱材が、温度のムラを軽減させると同時に、体躯劣化の原因となる結露を防ぐ効果も発揮しています。

性能へのこだわりをみる

家族と暮らしを守る『テクノストラクチャー工法』

吹き抜けや大開口を設計しても、震度7の激震にも耐えうる耐震性を実現させのが『テクノストラクチャー工法』です。木と鉄、2つの素材がそれぞれに持つ長所を組み合わせた複合梁が、自由な空間設計と建物の強度の両方を叶えました。デザインも秀逸で「見せる耐震」としてもオススメ。高い可変性がリフォームのしやすさも生み出しています。

性能へのこだわりをみる

実際の建築事例