works

works. 03

見晴らし台のある家

  • 所在地 / 宇都宮

使い勝手を含めた高い性能、居住性、そして デザイン。それらすべてが統合され、いつま でも気持ち良い走りが出来る車のような・・・ そんな住宅のあり方がテーマとなった新宅づ くりでした。 夫婦共に車が好きなので、敷地内に3 台の 駐車スペースを希望し、どのようにレイアウ トするかが設計の主題となりました。またあ えて1 階と2 階の生活を分けて考えることは せず、吹抜けで上下階のつながりを作る事で 空間に一体感を与え、連続する空間構成を意 識した住まいに。 1・2 階が日常生活を満たす場、屋上にある 見晴らし台は「空を眺める場所」心のゆとり を感じられる場となっています。

その他の建築事例