works

works. 06

天空を切りとった家

  • 所在地 / 栃木市

整然とした低い街並み、そこに広がる美しい 空が印象的でした。そこで、空を見上げる事 なく、常に生活の一部として感じられる住宅 を考えました。そこで、南北に勾配を取った 切り妻屋根の南面に、大きな穴を開けて空を 切り取りました。勾配面に開けた穴から見え る空は、その勾配がゆえにより水平に近い視 角に入り、見上げる事なく常に空が生活の一 部に入り込んできます。中庭型プランで閉じ る一方で、空の表情の変化と共に生活する、 空と一体となった開放的な空間を実現した。 設計: 石井秀樹建築設計事務所

その他の建築事例