column

希望の土地を最速で見つけるコツとは? 広告の情報はすでに古い場合も!

希望の土地を最速で見つけるコツとは?  広告の情報はすでに古い場合も!


マイホーム購入をするにあたり、土地から探すという方も多いと思います。一番手軽な方法は、ネットや広告で探すことだと思います。ただ、この方法は注意が必要です。どちらも掲載時は売れていなかったけど、今まさに購入希望の連絡が入り、売却済みになることもあるのです。そもそも、不動産会社は自社で管理している土地だけではなく、他の不動産会社の情報も掲載する場合があります。そうなると、今まさに!というタイミングは他業者まですぐには共有できない事が現状です。また、簡単に見つけることができるネットや広告の情報は他の人にも見つけやすい媒体で広く知れ渡っている訳です。


|専門業者に依頼する場合の注意点は?


希望の土地を最速で見つけるコツとは?  広告の情報はすでに古い場合も!


例えば予算。予算を約700万円で考えていた場合、上限が700万円なのか800万円なのかでご案内できる物件が変わります。土地の広さも同じです。70坪以上なのか70坪くらいなのか、最小限の広さはどれくらいなのか。どちらも明確に伝えておけば、新しく入った土地情報をいち早く教えてくれるはずです。また、エリアも具体的に伝えておきましょう。〇〇市内どこでもOK、〇市内の北部、駅や学校から徒歩何分以内などです。ただ、あまりにエリアが狭いと本当に土地情報が出て来ないこともありますので、ある程度広げて伝えておくと良いかもしれません。明確に正直に!が土地探しのポイントです。


|ハウスメーカーに探してもらう方法も!


希望の土地を最速で見つけるコツとは?  広告の情報はすでに古い場合も!


土地を探すのと同時にハウスメーカー探しも始まると思います。その場合、土地と建物を2つの業者に頼むことになりとても労力がかかります。そのためハウスメーカーを先に探し数社に絞り、そちらに土地も探してもらうのが一番楽な方法かもしれません。なぜかと言えば、建物を建てるために土地を見つけなければ絶対建てられないからです!当たり前ですね。でも、これってすごく重要です。土地が決まらなければ、建物の話は進みませんから一生懸命探すはずです。ハウスメーカーは不動産業者とのネットワークを持っていますから不動産業者と探しているのと同じことになります。また建物のプロがハウスメーカーですから、この土地があなたの希望する建物を建てるのに相応しいか否かも予測できるわけです。さらに、建物と土地とで総予算も把握しておいてもらえると、予算オーバーの土地を気に入った場合にも総予算内でおさまるか、建物で予算を下げられるかなど相談が可能です。土地探しと建物探しを同時に進めることが一番の早道かもしれません!


 


土地が決まったらまず最初にやるべき「敷地調査」とは?

家づくりで失敗しない素材選び~アイアン編~

洗面台はどこに置く?おすすめ3選【間取り】

こだわるべきウォークインクローゼットのあれこれ

夏の大敵!蚊の“ブーン”とおさらばする方法

家づくりを始める方がまずやるべき3つのこと!

すまい給付金を活用!対象者など事前にチェックのすすめ

ゼッチ(ZEH)とは?もうすぐ当たり前になるZEH住宅のお話し

自己資金額を増やすために「贈与を活用」の注意点とは?

二世帯住宅、どう建てる?適度な距離感を保つ方法

テレワークになっても安心!快適な書斎を作る方法

梅雨のじめじめ&べたべたは小さな工夫で解決!

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てる訳

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てるワケ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

希望の土地を最速で見つけるコツとは? 広告の情報はすでに古い場合も!

高気密・高断熱の家ってどんな家? 気密性とは?高気密が必要な理由

高気密・高断熱の家ってどんな家? 高気密が必要な本当の理由

完成見学会でチェックしておくべき点とは?

完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?