column

地震大国ニッポンで安全な家を建てるには?知っててほしい3つのこと2021.02.02

column zisinn地震大国ニッポン。何となく「地震多いな」と思っていても、実際どれくらいの地震が起きているのか、分からない方も多いでしょう。気象庁のデーターによると、年間に起きる地震の平均回数は2001年~2010年ではM7.0~7.9で年に3回、M6.0~6.9は年に17回、M6.0~5.9では140回も起きています。2011年だけで見るとM7.0~7.9は8回も起きている、これが事実です。そんな地震大国ニッポンで地震に負けない安全な家を建てるにはどうしたらよいのか、まとめてみました。


|3つの条件


安全な家を建てるには3つの条件があります。

①構造計算をしっかりすること

②それぞれの材料が強度基準を満たしていること

③設計通りに施工が出来る業者が施工していること

この3つの条件を見て、「なんだ、そんなことか!」と思われる方もいるかもしれませんが、実はほとんどの木造住宅を施工する業者が①の構造計算をしていません。それは、構造計算は義務ではないから(こちらに関しては次の項で説明します)。構造計算をすることにより、導きだされるものが「耐震等級」ですが、この耐震等級にも種類があり、しっかりと理解していないと、想像より低い等級であることもありますので注意が必要です(この構造計算、耐震等級については<構造計算って必要?耐震等級って?知っておくべきお堅いお話>を参考ください)。②は①に付随するので、しっかりと構造計算をして、その通りの部材を搬入、施工してもらえれば問題はありません。③は第三者機関に建築現場の施工を検査してもらい、保証してもらうことが出来るので、活用しましょう。


|構造計算が免除される!?


住宅を施工する際には、必ず「建築確認申請」の手続きをしなければなりません。「建築確認申請」の手続きをする際に、耐震性などの確認をするため、構造計算書の提出が義務付けられているのですが、4号建築物と呼ばれる建築物については、構造計算書の提出が免除されています。4号建築物とは

・2階建て以下かつ延べ床面積500㎡以下かつ高さ13m以下かつ軒の高さ9m以下

・木造以外で平屋建て以下かつ延べ床面積200㎡以下

要するに、2階建て以下の木造住宅なら、ほぼ4号建築物に該当するということになります。木造住宅を建築するほとんどの業者が「構造計算」をしていない理由はここにあります。もちろん、建築確認申請時にも簡易的な方法で安全性のチェックは行います。それが壁量計算と4分割法です。必要な壁の量を満たしているか、また耐力壁の配置バランスが建物の4面にバランス良く配置されているかを確認します。ですが、これは構造計算ではありません。構造計算をしていないのに、構造計算をしていると謳っている(壁量計算と4分割法しかしていないのに)業者もいますので、注意が必要です。木造の住宅を建てる際には業者に構造計算をしているのか確認することをおすすめします。


|4号建築物も構造図書の保存義務化へ


2020年3月1日より建築士法が一部改正され、設計図書の保存義務の内容と期間が拡大され、全ての建築物に図書の保存が義務付けられ、さらに保存期間が15年間となりました。保存図書は

・配置図、各階平面図、立面図、2面以上の断面図

・基礎伏図、各階床伏図、小屋伏図、構造詳細図

・構造計算書

・工事監理報告書

となります。この中で注目して欲しいのが、やはり「構造計算書」です。全ての建築物、4号建築にも「構造計算書」の保存が義務化されたわけです。今までしっかりとした構造計算をしていなかった業者(していると謳っていた業者も)構造計算をしなければならない(しないと保存が出来ない)ことになります。今までも構造計算を「しなくてもよい」とは決して書いてありませんでした。ただ「建築確認申請手続き時に省略して良い書類だった」だけなのです。こうなると、構造計算をしていなかった業者は大混乱ですね。ただあくまで保存をしてくださいというだけのルール。まだ建築確認申請手続き時には「構造計算書」の提出義務はないわけです。ですが、しっかりと15年間書類を保存をしてくださいね!と一歩踏みだした施主を守る新しいルールとなりました。


|まとめ


木造の住宅を建てた後に不適切な設計や構造の強度不足など、様々なトラブルが後を絶ちません。ですが、この法改正で木造住宅の安全が確保され、地震大国ニッポンで安全な家がどんどん増えていくことになります。いずれ、「建築確認申請」手続き時にも「構造計算書」の提出が義務化されるのではないでしょうか。住宅の構造は人命にかかわる非常に重要なこと。しっかりとした業者にしっかりと強度を計算してもらい、しっかりと施工してもらいましょう。


新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【和室編】

お得に家を建てられる!グリーン化住宅ポイントとは?

column zisinn

地震大国ニッポンで安全な家を建てるには?知っててほしい3つのこと

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【ダイニング編】

家事が楽になる!好きになる【間取り】家事動線4つのポイント

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【ロフト編】

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【子供部屋編】

冷蔵庫のレイアウト【間取り】で見る6選と奥行きの使い方

勾配天井【実例あり】良いこといっぱいを徹底解説

ニッチはアイディア次第【実例写真あり】センスが光るおしゃれで機能的な13例

家中どこにいても暖かい家は寿命を延ばす!暖かい家をつくる3つのヒミツ

キッチンの窓選び~快適さと役割で変わる大きさとデザイン【実例あり】

室内干しおすすめの場所とコツ3選【実例あり】

30坪で叶う憧れの平屋の暮らし【間取り図あり】

かっこいい外観をつくる3つの簡単なルール!

洗濯物を干すだけじゃない?良いことたくさん!サンルームのすすめ

書斎つくりで失敗しない!テレワークのための【実例付き】ポイント紹介

2階建て?平屋?面積はどれくらい?間取りを最初に考える4つのポイント

後悔しない家づくりのために絶対役立つイメージパース!って何?

リビングの快適さ・満足度は広さだけじゃない!気にしてほしい3つのこと!

体を元気にする高気密!そのワケ教えます

キッチンとダイニングテーブルのレイアウトのまとめ【間取り】

構造計算って必要?耐震等級って?知っておくべきお堅いお話し

土地が決まったらまず最初にやるべき「敷地調査」とは?

家づくりで失敗しない素材選び~アイアン編~

洗面台はどこに置く?おすすめ3選【間取り】

こだわるべきウォークインクローゼットのあれこれ

夏の大敵!蚊の“ブーン”とおさらばする方法

家づくりを始める方がまずやるべき3つのこと!

すまい給付金を活用!対象者など事前にチェックのすすめ

ゼッチ(ZEH)とは?もうすぐ当たり前になるZEH住宅のお話し

自己資金額を増やすために「贈与を活用」の注意点とは?

二世帯住宅、どう建てる?適度な距離感を保つ方法

テレワークになっても安心!快適な書斎を作る方法

梅雨のじめじめ&べたべたは小さな工夫で解決!

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てる訳

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てるワケ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

希望の土地を最速で見つけるコツとは? 広告の情報はすでに古い場合も!

高気密・高断熱の家ってどんな家? 気密性とは?高気密が必要な理由

高気密・高断熱の家ってどんな家? 高気密が必要な本当の理由

完成見学会でチェックしておくべき点とは?

完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?