works

works. 26

キッチンから笑顔が広がる平屋の家

お客様の暮らし

キッチンから家中見渡せる平屋の家

寄り添って

ご夫婦共に栃木市出身のM様。当初はご主人のご実家にお住まいになられていましたが、3人目のお子様妊娠を期に、新しく自分たちの家づくりを考え始めたと言います。
奥様が妊娠していたこともあり、ご主人が一人で展示場を巡り、その中で良いなと思ったモデルハウスに奥様を連れて行くという事を何軒か続けていたと言います。
「実は、第一住宅の栃木展示場を一人で見学しようと伺ったら閉まっていて、その時は諦めて帰ったんですが、やっぱり気になってもう一度行ったらまた閉まっていて(笑)だから、その時は入り口に書いてあった番号に電話して見学させてもらいました!」とご主人。外観が好みだったこと、その時にモデルハウスを案内してくれた人がとても良かったことで奥様を誘ってもう一度見学に来てくれたのだそうです。そこで接客してくれたアドバイザースタッフが本当に良かったと話す奥様。「他社さんはどんどん話を進めようとして来て、自分たちの気持ちがいつも置いてきぼりだったんです。でも第一住宅さんは自分たちに寄り添ってくれて話しやすかったです。プライベートな事もどんどん話せて、家の話以外も相談していました」と奥様は話してくれた。

感動した我が家の模型 理想通りの住まい

実は、奥様は当初2階建てに憧れがあったといいます。「実家が平屋建てで、階段がある家が漠然と良いなと思っていました。でも私たち夫婦はスポーツをするので、もしもケガをした時に2階建てだと色々大変だなという事になり、平屋建てにすることに決めました」と奥様。
建築家の先生に希望したのはキッチンから家中が見渡せる事、家全体にオリジナリティーを出す事、家の中に木を使う事の3点。「建築家の辻岡先生の第一印象がすごく良くて、素敵な家を作ってくれそうだなと直感しました」ご主人。
ファーストプランを見たときの感想を聞くと「模型も一緒に見せてくれたんですが、もう涙が出るくらい感動しました。」と奥様は話してくれた 。ファーストプランからほぼ何も変更なしで図面決定を迎えたほど、希望が詰まっていたと言います。
また、ご主人のこだわりがホームシアター。真っ白い壁に映像を映して子供と一緒に映画鑑賞をするのが夢だったそうで、かなり大変な下調べがあったと言います。「畳スペースのこの壁にピッタリサイズで映像を映したくて。最後まで窓の大きさや取付高さを悩んで、ギリギリで少し下げてもらいぴったりでした!おかげで子供たちも喜んでいます」とご主人。この畳スペースはホームシアターであり、ご主人の書斎であり、お子様の勉強スペースでもある。カウンター下を掘り下げるように提案してもらったので、脚が楽で使いやすいですとご主人。さらに、ロールカーテンで仕切ることもできるので、来客時の宿泊スペースとしても使える。1石4鳥の空間は家族に彩りと豊かさを与えている。

まだまだ始まったばかりのマイホームづくり

土地の場所が角地という事もあり、3面を見ることができるM様邸。どこから見てもインパクトのある、まさにご夫妻の希望通りの仕上がりになっている。奥様の祖父の友人お手製のウッドデッキは無垢の杉板を使用し、とても肌触りがよく色合いも温かみのある、素敵な仕上がりだ。「外観に米杉を張ることにした時に、そのことを祖父に話したら友人にお願いしてくれて。これは大正解でしたね、暑い夏でも素足で歩いても熱くないですし。」と奥様。
また家の中に木を使う事を希望したことにより出来上がったLDKの後ろの無垢の壁と天井。間接照明も施し、とてもお洒落な空間になっている。「家を建てる時に夫婦でどんな家が良いかSNSなどを見て話し合いを何度もしていたら、お互いに木がある空間が好きなことに気づいて。だから完成した住まいには大満足です。」とご主人。

これから庭作りを開始すると話すご夫妻ですが、最初から庭にはバスケットゴールを設置する予定だったと言います。だけど、こだわると中々決められず、手を付けられないでいるといいます。これからゆっくりと家族みんなの想いを詰め込んだ庭が出来る事でしょう。

所在地 /栃木県栃木市
家族構成/夫婦+子供3人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/281.90㎡(85.2坪)
延床面積/90.46㎡(27.3坪)

その他の建築事例