こだわり_設計

こだわり

設計へのこだわり

丁寧に、じっくりと。それぞれの想いを形にするために。

理想の暮らし。住みやすい家。それは決して1つの形ではありません。家族構成は?土地の特徴は?予想されるライフステージの変遷は?それら一つひとつを、丁寧に紡ぎ出すことで、設計を進めていきます。

設計へのこだわり

設計においての5つのこだわり

1.周辺環境を読み解き、 最大限にいかす

私たちは土地の特性を深く読み解き、間取りや窓の配置などに配慮や工夫を施すことで、また法規上の制約を上手くメリットへと転換することで、それぞれの場所が潜在的に持つ固有の魅力を、最大限に引き出します。

周辺環境を読み解き、 最大限にいかす周辺環境を読み解き、 最大限にいかす
2.自然の恵みをいかし、 心地よい調和を
光と熱のコントロール

屋内に自然光を効率的に取り込むことで、家に必要な熱と光を確保。光が届く部分を考慮することで、各部屋に適した用途を割り出し、設計に落とし込んでいきます。

心地よい風を招き入れる

気象データと環境データを照合し家のサイズや形状、間取りに反映。空気が常に家の中を循環することで、快適な暮らしが実現すると同時に、湿気対策にもつながります。

自然の恵みをいかし、 心地よい調和を
3.プライバシー性・ 防犯性を高める
外からの視線をさえぎる

大切にしたい家族の憩いの時間を外からの視線によって邪魔されることのないように配慮します。プライバシー性とデザイン性が両立するよう工夫を凝らします。

家族をまもる防犯設計

部屋の配置や外観形状、心理作用を活用することで防犯対策を施します。防犯性は高めたいけれど、高い壁で家を暗くはしたくない。そんな家族のニーズにも応えます。

プライバシー性・ 防犯性を高めるプライバシー性・ 防犯性を高める
4.住む人にふさわしい 艶をつくる

ただ住みやすい。ただ機能的。それで満足できないのが大人のセンスです。そこに足されるデザイン性や、少しのエスプリこそが建築家の腕の見せ所。住まいにわがままなあなたの要望を、設計とデザインでカタチにします。

住む人にふさわしい 艶をつくる
5.家族の暮らしに 合わせた動線をつくる

住む人が変われば、家族構成や仕事に趣味、休日の過ごし方などが変わり、家に必要な機能や導線も大きく変わってきます。私たちはお客様が心に抱く理想の暮らしを丁寧に紐解くことで、長く快適に住める家をつくります。

家族の暮らしに 合わせた動線をつくる