株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

column

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【和室編】2021.03.02

家の間取りを考える際に、ほぼ100%確認されることと言えば【和室】の要不要。両親や祖父母の家には和室のある方が多いと思います。そして、和室を客間として利用する方が多かったのではないかと思います。ですが、最近では昔とは違い、和室を客間として使うだけではなく様々な用途で使用する方が増えてきています。そんな最近の和室事情について、注意点も含めてまとめてみました。


|和室に収納は必要か?


和室をどのような用途で使う予定でいるかで収納の必要性は変わります。

来客用の寝室で使う:寝室として使うという時点で、布団が必要になるので、奥行きの深い押入れは必要です。逆に客間用に考えていたのに、押入れではなく奥行きの浅いクローゼットにしたり、押入れをつくらなかったりすると、布団の行き場がなくなり、結局客間とは遠い2階の夫婦のクローゼットに仕舞うことになったり、客間として使うことを諦めて、ただの物置きになってしまったりと、意外と失敗の元になりやすいのがこのパターンです。もしも、押入れをつくるスペースがないという場合は、和室の床高さを上げて小上がりのようにすることで畳の下に収納が出来ますので、そこに仕舞うという方法がおすすめです。(リビング横につくった小上がりの畳スペース。引出し収納の他に、自動のボタンで畳が昇降し畳2枚分の収納がでてくる)

ちょっとした空間として使う:一番多いのがこの使い方で、リビング横につくることが多いでしょう。お子様が産まれた時のおむつ交換やお昼寝用などその時に合わせて使っている場合も、やはり収納があると便利だと思います。お子様のおむつは買い置きが必要であったり、おもちゃなどはかさ張ります。自分がゴロゴロしたい時も枕や肌掛けなど仕舞えると重宝します。突然の来客時にも収納があればリビングのごちゃごちゃを片付けることも出来ます。押入れ程奥行きはなくても良いと思いますが、ある程度の広さがあると良いですね。(階段の向こう側に小上がりにしてつくった畳スペース。兜や雛飾りなど季節ものを飾ったり、お子様のお昼寝スペースとして活用)

リラックススペースとして使う:この場合は、様々な事例があると思います。読書をしながら庭を眺めたり、ヨガをしたり、書斎にするとういう方もいるかもしれません。あくまでリラックススペースとして考えるのであれば、収納というよりも収納の扉が見えないと良いのではないかと個人的には思います。一気に生活感がでてしまう、収納の扉。そういうものを排除することでリラックススペースとして成り立つのではないでしょうか。庭を眺められる特等席の畳スペース(庭を一望できる場所に3畳の畳スペースをつくった事例。こたつをおくことも考えている)

仏間、応接として使う:この場合もやはり収納は欲しいところです。仏間として使う場合はお線香など仏壇まわりのものを仕舞う必要があります。また昔ながらの和室をつくる場合は、収納の扉、襖戸自体が部屋のインテリアになります。応接として使う場合も座布団を仕舞うこともあるでしょうから、この場合にも収納は欲しいところです。(お客様の多いこのお宅は仏間兼応接として使用。引き戸を開け放てばリビングとつながるため、親戚などが大勢集まっても使いやすい)


|和室が和室である必要性、洋室でも?


そもそも和室を来客用の寝室として使わないのであれば、ゲストルームもしくはフリースペースとしての洋室にするという選択肢もあります。というのも、和室には少しデメリットがあるからです。

・畳だと重い家具を置くと跡が付く

・水をこぼしたりしたときのお手入れがフローリングより大変

・洋室よりコストがかかる などです


和室を予備の部屋、何かのためにとつくった結果、失敗したという話をまとめてみました。


・6畳の和室を両親や友人が泊まりに来た時のためにつくりました。年に1.2度しか泊まるためには使いませんが、つくって良かったと思っていました。あるとき子供が感染性の風邪をひき他の家族にうつらないようにと、自分と2人だけ和室で寝ることに。風邪のせいで子供の嘔吐がひどく、布団の上で済めばよいですが、たまに畳にまで被害が。。。畳についてしまうと拭き取るのがとても大変。臭いもなかなか取れず苦労しました。フローリングだったらさっと拭けて良かったと思いました。(30代/女性)

・和室の壁紙を落ち着きのある淡いグリーン色に。ところが、和室の陽当たりが悪いせいもあるかもしれませんが、なんとなく暗い雰囲気に。絵本に出てくる怖い話に出てくるような和室に見えるらしく、子供が怖いと嫌がり結局使わない部屋に。(20代/女性)

・何となく、なりゆきでリビング横に和室をつくりました。いざ生活してみると、そもそも和洋折衷のテイストが好きではないことに気づき、どのようなインテリアにしてよいのか分からないでいます。今は洗濯物を干しているのみ。みんながつくっているからと安易に和室をつくったことを後悔。(50代/男性)

・当時は和室は必須と考えていたので、そんなに広くない家に無理やり4.5畳の和室をつくりました。だけど、いつ使うかわからない和室よりリビングを広くしたり収納を大きくすれば良かったと後から気付きました。しかも、正方形の和室に1面が入口、明るい方が良いと思い残り3面に窓。おかげで家具は置きにくいし、全く落ち着きのない残念な和室になってしまいました。(30代/男性)

・いずれ、義両親との同居を考えて独立した10畳の和室をつくりました。いざ、同居になったときに義両親がベットで寝ていることが判明。畳の上にベットを置くのを嫌がり結局フローリングシートを敷くことに。こんなことなら部屋の半分を畳、半分をフローリングにしておけば良かったと反省。一緒に住むことだけ考えていて、どのように使うかを考えていなかったのが悪かったですね。部屋を広くつくっていたのでちゃぶ台も置けて、結果的には良い塩梅ですが。(50代/女性)

このように、和室に関しての失敗談を聞くと、和室をどのように使うのかしっかり考えてつくる必要がありそうですね。


|和室以外を畳にするという選択


よくある1階にLDKと和室、水廻り、2階に子供室と主寝室という間取り。これが決して悪いわけではありませんが、例えば1階の和室を主寝室にしてみるとか、2階の寝室を和室にしてみるなど、一般的ではなく自分たちのスタイルで考えると、違う視点で和室をつくれるのではないかと思います。和室の利用頻度が少ないことで勿体ない、失敗したと感じる人は本来和室が欲しくて和室のある家に住みたくて和室をつくっている方が多いでしょうから、和室の使用頻度が増えるように考えてみると良いかもしれません。

寝室を和室(畳)にした事例をまとめてみました。

・あまり広い家に出来なかったため客間はつくれず、2階の主寝室を和室にして、通常は自分たち家族の寝室として使用。来客があったときだけ、そこを客間として使用する2wayの使い方をしています。来客時は私たち家族は子供室で寝ます。(30代/女性)

・客間は自分たちには必要ないと思いましたが、和室は好きなのでどこかに畳を採用したいと思い、主寝室に畳コーナーをつくり、そこに布団を敷いて寝ています。畳の部分は布団しか敷いていないので休息に向いていますし、ベットを買わずに済みました。(50代/男性)寝室

・1階に寝るだけのための畳の寝室をつくりました。元々敷地が狭く、広い家はつくれなかったのでギリギリの広さの寝室で2枚のセミダブル布団を敷くという選択になりました。これが驚くほど快適です。狭くても畳のおかげで癒されますし、広い寝室にベットや家具など置くよりも就寝するだけの部屋としたので、よく眠れます。


その他の畳の活用法をまとめてみました

・元々ソファよりも、床に座るほうが好きだったので、リビングを畳にしました。少し床を下げたことで落ち着き感もありますし、畳を正方形の琉球風畳にしたので和っぽくなりすぎず、気に入っています。リビングが畳だと炬燵も置けるし、ゴロゴロできるし家族全員ここにいる時間が一番長いように感じます。(30代/男性)

・室内干しスペースの床を畳にしました。ここで干して、畳に座って洗濯物を畳み、そのまま片付けられる収納もつくりました。子供たちはここで着替えもします。畳が湿気でだめにならないように、南側に配置して、さらに換気扇も付けています。(40代/女性)


|まとめ


いかがでしたか?日本の風情があり、ゆったりとした空間を演出できる和室。ですが、自分の生活スタイルに合わないとせっかくの和室も無駄になってしまいます。じっくりと和室の用途を考えて素敵な和室をつくってください。


laundry

【実例写真あり】ママに嬉しいランドリールームのすすめ

walk in closet

ファミリークローゼットのすすめ【実例写真・間取りあり】

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【トイレ編】

間違ったコストダウンに要注意!満足感を得られるために考えること

cold heatshock tochigi

ヒートショックは予防できる!高断熱住宅で健康寿命も延ばす【栃木県】