株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加
 

家づくりで失敗しないために
読んでほしいコラム


column

照明の選び方!照明タイプで空間づくりのお手伝い

2021.11.23



照明は、インテリアにおいて雰囲気を左右する実に大切なアイテムです。照明ひとつで、その空間全体の雰囲気を変えてしまう力もあります。

部屋が暗くならないように、なるべく隅々まで明るく、と考えがちな照明計画。ですが、ただ明るいだけで居心地の良い空間にはなりにくいものです。ごくごく一般的な照明ではなく、自分たちが好きなデザインで空間を演出できる、そんな照明を計画してみませんか?ここでは照明のタイプ(種類)と明るさの感じ方についてまとめてみました。照明には実に様々なタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介します。



【照明器具のタイプと特徴】

1.シーリングライト

2.ペンダントライト

3.ダウンライト

4. ライティングレール

5. フロアライト

6. テーブルライト・デスクライト

7. ブラケットライト

8. フットライト

<番外編>.建築家照明



1.シーリングライト


天井に取り付ける、ごく一般的な照明です。様々な部屋の広さに柔軟に対応しており、部屋全体を明るく出来るのでどの部屋にでも採用しやすいのが魅力です。一般的には大きめで平たいデザインが多く、空間に圧迫感を与えてしまうのがデメリットです。最近では、リモコンでON/OFF以外に、色の変更や調光が出来るものが増えています。





2.ペンダントライト


天井からコードやチェーンで吊り下げる照明です。コードの長さを調整できるので短めにして広範囲を照らしたり、長めにしてスポットライト的に使ったり様々な使い方が出来ます。また、デザイン性が高いものが多いので、明りを灯していないときの空間のアクセントとして、インテリアの一部として考えると良いでしょう。



3.ダウンライト


ダウンライトとは、天井に穴をあけ埋め込むタイプの照明です。埋め込んでいるので天井から飛び出さず、空間をすっきり見せるのに向いています。基本的には補助照明程度の明るさしかないものが多いので、いくつか組み合わせて使用します。デメリットは天井に穴を開ける必要があるので自分で後から取り付け、位置を変えるのは難しいことです。また、照度の計算をしっかりしないと明るさが足りないということがあるので、注意が必要です。



4.ライティングレール


壁や天井に設置するバー状のもので、これ自体には照明の機能はなく、ペンダントライトやスポットライトを取り付けて使用します。レールに電気が通っているため、レール内であれば自由に照明器具の位置を変えることが出来たり、後から個数を増やすことも出来ます。デメリットはレール自体はそれなりに存在感があるので、レールと照明のデザインをしっかり考慮して取り付け位置を考える必要があることです。埋め込みできるタイプもありますが、その場合は工事が必要です。



5.フロアライト


フロアライトとは床に直接置くタイプの照明です。シェードの形で光の向きが変わるので、上に照らすのか下に照らすのかも選べます。壁際に置いて壁に反射した陰影を楽しんだり、その時々で置く場所を変えて空間の雰囲気を変えてみたり、インテリアとして置いてみるのも良いですね。



6.テーブルライト・デスクライト


テーブルやデスクに置く補助照明です。手元を照らすためのものですが、用途によって光の色や光の広がり方を変える必要があります。ワークスペースで使用する場合はスポット的に狭い範囲を照らし、光色は昼白色などの色温度の高い青みがかったものが適しています。また、ベットサイドに置くときは、光色は電球色などの温かみのあるオレンジ色が適しており、ふんわりと柔らかい光を放つようなシェードを選びましょう。



desklight bedroom light



7.ブラケットライト


壁に垂直に取り付けるもので、屋外で使用できるものも多くあります。天井や壁を照らす間接照明的なものや、周囲を照らせるメイン照明としての役割があるものmあります。



8.フットライト


その名の通り、足元を照らす照明です。足元灯とも呼ばれます。実用性がメインの照明ですのでデザインの種類は多くありません。ベットサイドや廊下、階段などに取り付けて安全確保のために使用され、人が近づくとセンサーで点灯したり懐中電灯のように取り外せるものもあります。

footlight



ここに掲載している施工事例をもっと見たい方はこちらから!


<番外編>.建築家照明


建築化照明とは、照明単体ではなく建物と合体させた照明を言います。光源が直接見えず、天井や壁などに組み込むため、グレア(まぶしさ)防止にもなり、壁面や天井を照らすため空間を広く見せることができ、さらに空間の演出にも効果を発揮します。

kenchikukasyoumei

建築家照明については、こちらで詳しく説明しています。→


照明の選び方!照明タイプで空間づくりのお手伝い

照明の選び方で生活の質が変わる!?後悔しない照明の選び方

コロナ禍で変わる家づくり~生活の質を向上させる性能の良い家とは?

場所別おすすめの窓【写真あり】と失敗例

窓の種類とメリット・デメリット!おすすめの場所も写真つきでご紹介