株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

施工事例


works

大開放の吹抜けリビングとガレージのある暮らし

大開放の吹抜けリビングとガレージのある暮らし

Sさんご家族が家づくりの検討を始めた際、お子様たちが既に通っている学区内で土地を探して『自分たちらしい家を建てたい』との想いから最初から注文住宅で建てることを決めていたと言います。「何社かの展示場を見学しながら要望を伝えて間取り作成と見積もりを作成してもらっていたんです。第一住宅さんはデザインや予算だけじゃなく気密や断熱など性能面の重要性について説明してくれて。気密・断熱のことはそこまで考えていなかったのですが、家づくりはそこも重要なんだと思いましたね。」とSさん。
また第一住宅との家づくりは担当者も決め手になったのだという。「建築会社を検討していた時に担当のアドバイザーさんに『僕にしませんか』と告白されて(笑)。提案も押し付けや決め付けがなくて、より良くなるようにアドバイスをしてくれましたね」と話します。

ガレージが特徴的なSさんのお住まい。当初はガレージの予定ではなかったそうです。「最初は外構工事でカーポートを作る予定だったんです。でも、打ち合わせの中で担当さんに試しに建物と繋がって施工するガレージで見積もりしてみますか?って言われて。ガレージ工事は高いと思っていたのにそこまでカーポートとの金額差がなくて、ガレージを作ることに決めました。実際、すごく良かったです。車から降りて家に入るまで雨に濡れないし、自転車も置けるだけの余裕の広さだし。もちろん外観もカーポートにするよりカッコよくなっていると思います。とても気に入っています」と夫人。

アパート住まいの頃に感じていた住みにくさ、例えばダイニングテーブルで子供たちが宿題をしていて、その後に夕飯を食べる時の勉強道具の片付けの手間、家族全員がリビングに集まるのに少し窮屈なところ、洗面台に何人か立つと狭くて使いにくいところ、などご夫妻でしっかり話し合いひとつづつ解消されるよう、間取りや仕様の打ち合わせにはたくさんの時間を費やしたことが印象的だと話すSさん。

「土地が決まってから、とにかく打ち合わせは何回もしました。担当さんが設計も携わってくれたので細かいディテールもこだわってて。イメージが出来ないと言うと、イメージパースを都度作成してくれたり、至れりつくせりでしたね。」とご夫妻ともに満足のご様子。

Sさんの住まいは全体的に木の温もりが感じられます。「家では裸足で生活したいし、みんなが集まるリビングは特に開放感とナチュラルさ、過ごしやすさを意識しました。吹抜けは必須でしたが、窓を大きく連続性をもたせたり庭との繋がりも感じられるように提案してくれて、家の中に居ても庭の緑や光を感じられて想像以上の仕上がりになりましたね」と夫人。

Sさんが気に入っているのが土間の奥の運動スペース。「元々トレーニングルームがあったらいいなと話していて。でも、まさか土間に運動スペース!これは想像していなかったので、良かったですね。家が完成した頃から在宅ワークになり、運動不足を感じているのでとてお重宝しています」と話してくれました。

家全体の印象から少し変化を付けたのがトイレ。「和の雰囲気を家の何処かに取り入れたくて。トイレを和の空間に出来るとなったときは、手洗いボウルや蛇口、タイルなどひとつひとつこだわりました。自慢のトイレでお客様にも大好評なんです」と嬉しそうに話す夫人。

吹抜けもあり大空間のSさんの住まい。それでも冷房の効きがよくて驚いているそうだ。「たまに、寒く感じる」と話す娘さんの言う通り、気密・断熱性能が良いので今までの感覚で冷暖房を使用すると、あれ?と感じることも多いそうです。
「まだ冬は体感していませんが、きっとこの感じだと暖房費も抑えられそうですね」とSさん。



「友人などで家を建てた人に話を聞くと、後悔しているところがどこかしらあると聞いていたので、本当に入念に打ち合わせさせてもらいました。そのお陰か全くあ~すれば良かったとかがないんです。本当に満足していて、感謝しています。第一住宅さんで家を建てて正解でしたね」と最後に嬉しいお言葉をいただきました。


customer

所在地/栃木県小山市
家族構成/夫婦+子供3人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/288.825㎡(87.3坪)
延床面積/201.13㎡(60.8坪)

skipfloor

スキップフロアのあるコンパクトな家

繋がりの家

kitchen sekouzirei works

細部まで美しい和・ナチュラルな住まい

appearance

家族を育てる家

gaikan appearance

子供と楽しく暮らす温もりの住まい

吹抜けで繋がるバイクガレージのある住まい

全件表示する