株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加
 

家づくりで失敗しないために
読んでほしいコラム


column

完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?

2020.04.18



完成見学会でチェックしておくべき点とは?


【目次】


-完成見学会とはそもそも何か?

-完成見学会で確認しておく3つのこと

-完成見学会で注意する点は?



|完成見学会とはそもそも何か?


住宅展示場などにあるモデルハウス、これは一般的には住宅会社の宣伝用です。言うなれば、住宅会社が建てたいように建てた最高級グレードであったり、通常より広く作られたものがほとんどなのです。完成見学会はと言うと、実際にお客様が建てた建物なので、自分たちのイメージに近く、とても参考になるはずです。

また、完成見学会をさせてもらえるということはその住宅会社との信頼関係があってこそ。自分たちの家を他人に見せるという事は間取りが知れてしまったり、汚されてしまったりという不安が少なからずある中で、信頼しているからこその見学会開催です。完成見学会を数多く開催している会社はそういう意味でも信頼できると思って良いと思います。

→栃木県近郊で毎月完成見学会を開催中!見学したい方は、こちらをチェック!


|完成見学会で確認しておく3つのこと



完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?まずは自分たちの日頃の生活をイメージして見学会に参加しましょう。間取り、部屋の広さ、動線など実際に目で見て歩いてみることで新しい発見もあるかもしれません。あとは、標準的についているキッチンなどの設備や床材や建具の仕様も確認し、自分たちの想像する物への変更が可能かどうか、金額等も聞いておくと良いでしょう。

一番見ておくべきことは、隣家と目線が合わないように配慮されているか、光の入り方や風の通り方など、敷地の事を把握して設計されているかです。これは間取り図ではわかりません。実際に現場に足を運び敷地の調査をしておく設計者ばかりではありません。この『配慮』を怠るといざ住んでみたら住みにくいという事もおこりうるのです。見学会ではどうしても仕様や建物に目が行きがちですが、この部分をしっかり確認できるのが一番の利点でしょう。完成見学会でチェックしておくべき点とは?



|完成見学会で注意する点は?


先ほどお話ししたとおり、完成見学会は住宅会社と施主との信頼関係があってこそのもの。そこへ施主の好意がもちろんあり開催されます。そのため、完成見学会へ行く際には小さなお子様が同行する場合はその旨を開催者側へ伝えておくと良いでしょう。

完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?また、忘れがちですが靴下は履いて(もしくは持参して)行きましょう。特に夏はサンダルで外出することも多いと思いますが、裸足で新築内を歩かれる事は施主の気持ちからするとあまり気持ちの良いものではありません。完成見学会の床材が無垢の床であればなおさらです(無垢材は水分を吸います!)。

さらに見学会用に手袋を用意している開催者はとても気の利く会社と思ってください。せっかく建てた新築の建物、極力汚さず傷つけずと配慮する会社を見極めるにも丁度よいのが完成見学会かもしれません。


→栃木県近郊で毎月完成見学会を開催中!見学したい方は、こちらをチェック!



家づくりとしっかり向き合い、毎月完成見学会を開催している栃木県小山市の工務店です。モデルハウスご見学予約はこちらから→リアルサイズモデルハウス『空門の家』


耐震等級のコト、簡単にまとめました

お家の通信簿!?住宅性能評価は今じゃ「あたり前!」のお話

これからのトレンド!サステナブル住宅に住もう!!

やってみよう!家庭でできる“小さな”地球温暖化対策

みんなの力で、カーボンニュートラル実現に向けて一歩を踏み出そう!