株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

コラム


column

ファミリークローゼットのすすめ【実例写真・間取りあり】

2021.07.06

walk in closet

ファミリークローゼット、最近ではよく耳にする言葉です。ファミリークローゼットとは、その名の通り家族用のクローゼット。以前は、各部屋にそれぞれのクローゼットがあり、自分のものは自分の部屋に収納するというのが一般的でしたが、ファミリークローゼットを採用することで、家事楽になったりメリツトがたくさんうまれ、新しい生活様式として注目されています。そんなファミリークローゼットについてまとめてみました。


|ファミリークローゼットのメリット


◍洗濯物を各部屋に運ばなくて済む

これが一番のメリットでしょう。毎日の洗濯仕事。洗濯をして、干して、畳んで、それだけでも大変なのに、その後に各部屋に洗濯物を運び収納するのは本当に大変です。最近では共働きが増えているので、やはり何よりも家事を時短にするための工夫として、ファミリークローゼットはおすすめです。

◍着替えがスムーズになる

朝起きてパジャマから着替えるときに、わざわざ自分の部屋に行かず、ファミリークローゼットで着替え、パジャマもそこに収納。また、外出から帰ってきて、家着に着替える方は、ファミリークローゼットで着替え、洗濯物は洗濯機へ。そんな毎日必ずある着替えがとても、スムーズに行えます。


|ファミリークローゼットのデメリット


メリットばかりのようですが、実はデメリットもあります。

◍思春期の子供は嫌がるかも

子どもが小さいときは問題ありませんが、子供が大きくなり思春期を迎えると、家族と同じ部屋に衣類を片づけることを嫌がる可能性もあります。着替えもできるファミリークローゼットですが思春期の子供は自分の部屋で着替えるようになるでしょう。

◍ある程度の広さが必要

家族全員分の衣類を収納するとなると、家族の人数にもよりますが最低でも3帖ほどの広さが必要でしょう。また、洗濯ものを収納しやすい場所で考えると洗濯機と同じ階がベストですので、一般的には1階にファミリークローゼットがあると便利です。間取りを考える際には、ファミリークローゼットのスペースを確保するのが難しい場合もあります。


|ファミリークローゼットの事例をご紹介


ファミリークローゼットの事例を4つご紹介していきます。

①室内干し兼洗面スペースの正面にファミリークローゼットをつくった例

こちらは洗濯家事動線の中央にファミリークローゼットを設けました。キッチン→洗面→室内干し→洗濯機→ファミリークローゼットが短い動線で結ばれています。



②室内干しとファミリークローゼットを直線上に配置した例こちらのお住まいは、通路をファミリークローゼット兼用にして、その並びで室内干しスペースも設け、さらに奥にはもうひとつのファミリークローゼットをつくった間取りです。並びにはアイロン用のカウンターや洗面、脱衣室があるので、家事動線が一直線の動きですみます。



③ファミリークローゼットとパントリーがつながっている例

写真の手前がファミリークローゼットで、奥がパントリーになっています。パントリーの左側はキッチンへつながります。このファミリークローゼットは通路の役目もあり、ここを抜けると脱衣室へつながります。家事は同時進行で行うものが多いので、このいうな間取りは家事での移動を少なくしてくれます。



  ④ファミリークローゼットと室内干しを同じ空間にした例こちらは、室内干しコーナーにファミリークローゼットも設けた例です。家族全員分ではないですが、お子様はここで着替えもできるように広々としています。また、洗濯物を畳んだり着替えのためにと床を畳にしています。キッチンからファミリークローゼット、洗面、脱衣と回遊できるようにもなっています。family closet


|まとめ


家族の人数が多かったりお子さまが小さいうちは、衣類を片付けるだけでも大変な作業です。ファミリークローゼットは家事動線や家族の使いやすさを意識して考えることで家事動線を短縮でき、家事の負担も軽減できます。注文住宅を計画する場合は長い目で間取りを考えることで快適な毎日を送ることができます。ぜひファミリークローゼットを検討してみてはいかがでしょうか。

一緒に読んで欲しい室内干しおすすめの場所とコツ3選【実例あり】


場所別おすすめの窓【写真あり】と失敗例

窓の種類とメリット・デメリット!おすすめの場所も写真つきでご紹介

家事動線はキッチンだけじゃない!ママを助ける3つのヒント

HEAT20 ZEH ECO HOUSE

省エネな家は家計にやさしい!どんな家か簡単にまとめました

wind curtein

エアコンに頼らない、本当に快適なパッシブ設計の家