株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

column

二世帯住宅、どう建てる?適度な距離感を保つ方法2020.06.09

少子高齢化が確実に進んでいる今、ご両親の介護にかかわる家族も減っています。また共働き世帯の増加による保育園・幼稚園、学童保育の待機児童の増加、そして収入面から考える今後の不安など理由は様々ですが、ここ数年2世帯住宅の需要は高まっています。そんな2世帯住宅についてお話しします。


|2世帯住宅の種類とメリット・デメリット



プライバシーを確保するための一番の方法は「完全分離型」の間取りを選択することです。もちろん、費用は高額になってしまいますが、結果的に別居になってしまい売却するなどの場合も「完全分離型」は他のタイプより買い手が見つかりやすいでしょう。

また、上下分離型ではなく縦割り型の間取りにすると、階下への音の問題もなくなりますし、いずれ親世帯側を賃貸にすることも出来ます。


|2世帯住宅のメリットとは?


働きながら子育てをするのは、想像以上に大変。そんな中、子供のお迎えをご両親に頼んだり、子供が熱を出したときなど世話をお願いすることも出来ます。また、ご両親は近くで孫の成長を見守ることで毎日に張り合いもでますし、加齢によって負担が大きくなってきた作業で手を借りることもできます。


一番のメリットは「助け合える」ということです。


また、金銭的なメリットも大きいです。例えば、ご両親の土地にある既存の建物を壊し建替えするという場合には、パパ・ママは新しく土地を購入する必要がなく、その分予算を抑えて家を建てる事ができますし、家へ使える予算も多くなります。ご両親も、自分たちだけの家を建てるより、相対的に考えると予算を抑えて新しい家に住む事が出来ます。


|完全分離型でも注意する点が!?


完全分離という事は、ある意味お互いの様子が分かりにくい状況になりやすいとも言えます。そのため、2世帯住宅のメリットである「助け合える」が全く効果をうみません。そのための解決方法として一番良いのは声を掛け合う事だと思います。

例えば、夕飯時にお裾分けをするなどして顔を出したり、外出から帰ってきたら”ただいま”と声を掛けるなど毎日とは言いませんが、一つ屋根の下に住んでいる以上お互いに気を配ることは怠らない。これが2世帯住宅の暗黙のルールではないでしょうか。また、忘れがちな光熱費の問題。キッチンやお風呂を2個づつ取り付けてもメーターが1つでは意味がありません。電気や水道、ガスなどのメーターは各々取り付けるようにしましょう。費用は倍にかかってしまいますが、ここはしっかりと分けることをオススメします。


二世帯住宅は親から子、そして子から孫へと永く住み継いでいくこともできる建物です。適度な距離感で二世帯が暮らせる「完全分離型」こそが、プライバシーを守りつつも親子のつながりを紡ぐことができる暮らし方ではないでしょうか。


laundry

【実例写真あり】ママに嬉しいランドリールームのすすめ

walk in closet

ファミリークローゼットのすすめ【実例写真・間取りあり】

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【トイレ編】

間違ったコストダウンに要注意!満足感を得られるために考えること

cold heatshock tochigi

ヒートショックは予防できる!高断熱住宅で健康寿命も延ばす【栃木県】