works

変形地をいかした中庭のある家

中庭 家族 テラス

変形地をいかした中庭のある家

一緒に家づくりをしているという安心感

お子様の小学校入学までにマイホームをと考えていたKさんご夫妻。「最初は住んでいたアパートの近くの土地を探したり、建売を見たり、色々検討していました。でも、建売は間取りも外観もどれも似たり寄ったりだし、土地を買うとなると予算もあがるし。。。それで主人の実家の土地に建てるのはどうかと言う話が出て、祖父母が近くにいる生活は子供にとっても良いことだなと思い、実家の土地に建てることにしました」と夫人。そこで、とあるハウスメーカーを知人に紹介され家づくりの相談をしたそうですが、「自分たちの要望や気持ちが置いてきぼりでした。どんどん話が進んでいるように見えるけど、全然自分たちはついていけてないという感じで。。。不安になり始めて、夫婦で親身に家を建ててくれる会社を探しました。」とKさん。そこで、家を建てる予定の土地が狭小地・変形地であること、またデザイン住宅に興味のあったことから、NETやSNSで“狭小住宅”“デザイン”と検索して見つけたのが建築家と家づくりをしている第一住宅だったそうです。
「まずは資料請求をして、それからモデルハウスや完成した家の見学会、家づくり勉強会に参加しました。工夫を感じる間取りや素材感、開放感、デザインがどこも印象的でしたね。勉強会もとても分かりやすくて、理解できるまで丁寧に説明してくれたり、私たちの理想を話すと常に『いいですね!』と同調してくれるし、フランクに話せて、何か相談すると+αの答えが返ってくるし、私たちの家だけど一緒に家づくりをしてくれるな、不安を全て解消してくれるなって思いました。第一住宅に家づくりをお願いしようと思った決め手にもなりました。」とKさんご夫妻は話してくれました。
「元々かっこいい家、デザイン住宅に憧れがあって。でもデザイン住宅、とかく建築家と建てるなんて敷居が高いな、資金も足りないなと思っていたのに、それが出来そう!夢が叶う!!と思うと嬉しくて。建築家さんのヒアリングの時に最初に話した私の理想は、お風呂上りでも、人目を気にせずリビングに出て来られる、それこそが“マイホーム”。だからそれは絶対条件です!って。あと主人はかっこいい家に憧れがあったので、その両方を叶えてもらいたいと建築家さんにお話しました。」

玄関からリビング

手前と奥の両方からリビングへ入れる回遊できる玄関

リビング

TV台うしろの壁上部は塞がずに抜け感を演出

リビングからダイニング

リビングにいる子供達に目が届きつつ、L字型のおかげでキッチンが見えにくいのは働くママには嬉しい

中庭

“光庭”の愛称で呼ぶ中庭 この中庭のおかげでカーテン不要

家事スペース

左にはトイレ、正面には洗面脱衣室とお風呂、手前にはキッチンが繋がる

室内干しスペース

アイアンの手すりと大きな窓が印象的な明るい室内干しスペース

2階ホール

ホールの壁一面がクローゼット 扉を付けずオープンにしたことで圧迫感がなく広々

階段下収納

扉を付けてしまいがちな収納に遊び心をプラス

外観

外壁は黒と白のガルバリウム 周りの住宅とも馴染んでいる

光庭(中庭)で家族の憩いの時間

夫人の理想を叶えるために出来上がったプランは中庭のある2階建ての家。周囲からは中庭が見えないように設計されているため、人目を気にせず過ごせるのが魅力だ。「中庭があって、しかもカーテン不要!理想が叶いました!図面に“光庭”と書いてあって、これもワクワクしましたね。レジャーシートを敷いたりテントを張ったりして子供たちが遊んでいても壁で囲われているので安心です。友達を呼んでBBQをしましたが、周囲の目を気にせず楽しい時間を過ごせました。中庭とキッチン、リビングを一体で使えるので広々としていて多人数でも大丈夫でした」と夫人。
また南北に長い敷地の北側にKさんのご両親の家が建っている、敷地内2世帯での計画だったことから「同じ敷地内なので距離感と言うか、遠すぎず近すぎずが理想でした。あとは昔ながらの住宅街なので周辺の環境にも配慮してもらいました。」とKさん。この距離感を考え北側の窓は横に広い高窓を採用。十分な明るさを確保しつつ、視線は合わないのでお互いに気兼ねがないという。
特徴的なのは、奥に長い玄関。「よくあるような玄関は望みませんでした。玄関が狭くて混雑するみたいなのが嫌だと建築家さんに話していたらこの細長い玄関が提案されて。これは本当に使いやすくて重宝しています。リビングのテレビ台を中心にぐるりと回遊できて、入口が2ヶ所ある設計なので、子供に奥まで進んでランドセルを片付けさせて、自分は手前の入り口からリビングに入る。そうすると混み合わないので、ストレスフリーですね。毎日のことなので、本当に助かります」と夫人。これだけ奥行きがあるので自転車も入れられるという。
また、リビングの天井はKさんの希望で杉板を張り、さらに間接照明を施工してもらった。「間接照明があるとないとじゃ全然違いますね。映画を見る時などすごく雰囲気が良くなり、とても満足しています」とKさん。
今回の撮影も快く承諾してくださったKさんご夫妻。「打ち合わせ中は楽しくて大変だったと感じたことはありませんでした。想像以上の納得いく家づくりになりましたね。下の子が大人の男性には中々懐かないのに、第一住宅のスタッフさんにはすぐ懐いたのも会社内の雰囲気の良さかなと思います。だからかな、引渡しをしてもらってから数ヶ月経ちましたが、今でもどのスタッフさんとも気軽にTELしたり話しをさせてもらえています。これって凄いことですよね。」と嬉しいお言葉をいただきました。

customer

所在地/栃木県小山市
家族構成/夫婦+子供2人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/105.66㎡(31.9坪)
延床面積/91.51㎡(27.6坪)

木の温もりあふれるシックな平屋

中庭 家族 テラス

変形地をいかした中庭のある家

LDK 明るい 無垢床 ハイサッシ

陽光あふれる暮らし

ハンモックとリビング

愛猫と炎を囲む心地よい暮らし

変形地に建てたバイクガレージの家

変形地に建てたバイクガレージの家

全件表示する