works

黒を基調とした モダンな家

庭

黒を基調とした モダンな家

デザイナー住宅にあこがれて。。。

ご夫妻ともに、デザイナー住宅のようなお洒落な家にしたかったというWさんご夫妻。ある程度どのような家にしたいかご夫婦ともに固まっていたそうで、まずは夫人が第一住宅のデザインに惹かれ、改めてWさんを連れて見学に行った栃木住宅公園展示場の第一住宅のモデルハウスを見て、Wさんも気に入り、第一住宅での家づくりをスタートさせたそうです。
自分たちの考える要望をすべて話して、何度も何度も図面を描いてもらいましたとWさん。「第一住宅で建てることを決めた一番の決め手は、建築家さんがとにかく色々要望をじっくり聞いてくれて親身だったんです、それがとても良かったことですね」と話す。それを物語るように随所にこだわりが感じられるWさんの住まいはモダン系のカラーリング。「黒色が好きで黒色を随所に使用し、まとめました」と話す夫人の言うように、外部内部ともに随所に黒いアイテムを使い、とてもお洒落なインテリアになっている。

リビングダイニング

リビングダイニング

照明

照明

リビング

リビング

個室

個室

玄関

色々な角度からの提案で

「実は夫婦共にすごく優柔不断で、悩みだすとずるずると決められなくなるのが嫌だったんですけど、色々な角度から提案してくれて、どんどん決まっていく事がとても楽しかったです」と夫人。家づくり、とかく建築家との家づくりは一から始まる家づくりのため、決めることは多岐にわたる。正直、ラクではない。仕事をしながらの休日を利用して打合せを進めていくので疲れも出てくる。「でも、子供も次いつ打合せなの?と聞いてきたり、自分たちも決めることが楽しくて苦にはならなかったですね」とご夫妻共に話してくれた。想像以上にスムーズに進む家づくり。だか、やはり予算とこだわりとの兼ね合いには頭を悩ませたという。「リビングの天井に木を張りたかったんですけど、面積が広いので予算オーバーで。でも代替え案で提案してくれたこの外の軒天に木を張ること。これにはとても満足しています。リビングのソファに座ってもキッチンにいても高窓から軒天の木が見えるのはとてもうれしいです」と夫人は話してくれた。
リビング前の屋根と玄関の軒天に張ったレッドシダーの木目はとても美しく、外壁の黒色にとても映える。「黒が好きな私たち夫婦に、各部屋のドアの取っ手を黒にすることをインテリアコーディネーターの方が進めてくれて採用したんです。「こだわるなら、細部までこだわりましょっ!って言われて」と夫人は話してくれた。そんな小さな事もしっかり打合せをして決めていくことで、こだわりのデザイン住宅が完成したのだと思う。

リビング

子供も愛犬ものびのびと

リビングにある階段が一番のお気に入り!と話してくれたお子様のUちゃん。階段越しに庭とドックランが見え、リビング~ウッドデッキ~ドックランという繋がりが、愛犬ものびのび過ごせる。ウッドデッキではお子様がレジャーシートを敷いておやつを食べ、ドックランでは愛犬が日向ぼっこをしている。フェンスで囲まれていて、キッチンにいても見えるのでとても安心だ。さらに、キッチンはアイランド型なのでぐるっと一周回遊することができ、家族の動線もぶつからない。「素敵なアイランドキッチンにしたからお料理が楽しくなるかなと思って選びました。あとは室内で飼っている愛犬が自由に動けたらいいなというのもありました。実際に使いやすいので選んで良かったです」と夫人。
「結果的にいくつか妥協はしたこともありましたが、言いたいことは全部言って叶う叶わないは納得したうえで打ち合わせを進めたので、後悔はありません。わがままもたくさん言いましたからね!」とWさんは最後に話してくれた。
こだわりが詰まったこの住まい。家族みんながのびのびと過ごせしていけることだろう。

外観

customer

所在地 /栃木県
家族構成/夫婦+子供1人+犬1匹
構造規模/木造軸組住宅
敷地面積/278.95m2(84.3坪)
延床面積/112.61m2(34坪)

お洒落で個性的な住宅がご希望だったW様ご夫妻。
要望をじっくり聞き、様々な角度からの提案で、随所にこだわりが映えるデザイン住宅になりました。
大きな窓と吹抜けが解放感を出し、モノトーンとウッドでモダンに仕上げた理想の
住まいが完成するまでのお話を伺ってきました。

LDK 明るい 無垢床 ハイサッシ

陽光あふれる暮らし

ハンモックとリビング

愛猫と炎を囲む心地よい暮らし

変形地に建てたバイクガレージの家

キッチンとロフトの程よい距離感

公と私を棟で繋げた ひとつながりの家

キッチン

キッチンから笑顔が広がる住まい

全件表示する