株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

施工事例


works

閉じながら開く中庭のある暮らし

閉じながら開く中庭のある暮らし

住宅街の一角、白や茶色っぽいライトなカラーが多いなかで、ひときわ存在感を放っているF様邸。濃いグレーの吹付塗装に、レッドシダーの木の風合いが見事に融合し、温かさを添えた外観になっています。玄関上の軒も壁からの繋がりでレッドシダーを張りつつ斜めに仕上げおり、外観へのこだわりを感じられます。

家づくりのきっかけは当時住んでいたアパートに来た建売住宅の営業。「ちょうど子供がうまれた頃で、家が欲しいなとは思っていたし、建売の場所も自分たちが住みたいエリアだったので見学に行きました。建売って、やっぱり誰にでも合うように出来ているので機能的だけど。。。ときめきがなかったんですね。そんな時に第一住宅のモデルハウスが販売型と書いてあったので夫と見学に行きました」と夫人。そこで、「このモデルハウスが欲しい!買いたい!」と夫婦で意見が一致するほど間取りもデザインも気に入ったのだそう。

「でも自分たちが考えていた予算よりも高くなってしまって。元々私たちが住みたいエリアは土地の価格が高めでしかもあまり売地がないので、一度他のエリアで土地を探しましたし、予算を抑えられるように他社メーカーも見たりしました。何回か間取りを出してくれたメーカーさんもあったのですが、自分たちの思うような間取りにはならなかったですし、やっぱりときめきがなかったです。」とFさん。ところが偶然希望エリアに手頃な価格の売地が出たため、この土地で第一住宅と家を建てたい!と即決したのだそうです。

「私たちは性能も間取りもデザインも全部こだわりたかったので、それを受け止めてくれるのが第一住宅さんでした」と語る夫人。特徴的なのはキッチンの正面に見える中庭です。「モデルハウスの外からの視線を気にせず開放的に暮らせるというコンセプトがとても気に入っていたので、それがベースになっています。建築家さんと私たちの要望についてたくさん話しました。フィーリングが合い、とても話しやすかったです。」とにっこり。特に感動したのが家族構成の変化に対応できる自由な間取り。自分達にはなかった発想だったという。

「将来両親と一緒に住む可能性もあったので、1階に寝室という間取りは嬉しかったです。」また、共働きで洗濯物は室内で干す夫人にとって、大容量の洗濯物が干せ、さらに普段着る衣類を片づけられるだけの広さがある脱衣室は、とても使いやすいと重宝しているご様子です。

モデルハウスを参考にしたというFさんこだわりの食器棚は、木の風合いそのままの味のあるフルオーダー品。引き出しの奥行き、高さ、持ち手など細かく考えられていて見た目以上に使いやすそうですし、こだわりを感じられます。

「家に居ると落ち着く」と話すとてもおおらかなご夫妻。玄関の正面にあつらえた大谷石の壁も、ご家族の雰囲気を印象付けるものになっています。また、照明器具も奥様のこだわり。ナチュラルな無垢の木でまとめられた内装のなかで、ひと際目を引きます。「申し分のない家が出来上がりました。自分たちが満足しているので、友達などに見てもらいたい気持ちは大きいですね」とFさん。

ご両親も喜んでいると話してくれた回遊する間取り。「子供もぐるぐる走り回っていて、それを見ていると家を建てて良かったなとつくづく思います」
家族のライフスタイルに合った、自分たちだけの家づくり。Fさんの家には、そんなおおらかさとこだわりが漂っていました。

customer

所在地/栃木県小山市
家族構成/夫婦+子供1人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/204.77㎡(61.94坪)
延床面積/112.61㎡(34.06坪)

skipfloor

スキップフロアのあるコンパクトな家

繋がりの家

kitchen sekouzirei works

細部まで美しい和・ナチュラルな住まい

appearance

家族を育てる家

gaikan appearance

子供と楽しく暮らす温もりの住まい

吹抜けで繋がるバイクガレージのある住まい

全件表示する