works

中庭を囲む平屋

中庭

中庭を囲む平屋

トータルバランスの良い家を

色々な会社を見て回り、どこで家を建てるか考えていたのですが、中々ピンとこなかったというSさん。
そんななか第一住宅のイベントに参加し、建築家が建てた家の実例を見たときに、夫婦で「これ、良いね!」と意見が合致。その勢いで、家づくりをお願いすることにしたそうです。
「家はトータルバランスが大切だと思うので、ある程度のこだわりは建築家さんにお伝えして、お任せできるところはお任せしました」と夫人。
完成した家に大満足のsさん。
周囲の目線を気にせず、外の空気を感じたいと希望した中庭はパブリックゾーンとプライベートゾーンをうまく繋げる役目を果たしている。

中庭からの景色

中庭

中庭から子供部屋

中庭から見た子供部屋

中庭のシンボルツリー

中庭のシンボルツリー

外観

外観

子供部屋

特別な空が見える平屋デザイン

玄関も中庭から繋がるゾーニングに。シンボルツリーが真正面に見えるように設計されており、家族の帰りを出迎えてくれる。特にお気に入りなのが、中庭と高低差を付けた子供部屋と主寝室。中庭→リビングと繋がりつつも、高低差のおかげで視線がずれ適度な距離感もうまれている。
「完成した家は、とてもキレイで大満足です。アフターケアもしっかりしてくれるので第一住宅との家づくりが出来て良かったです」とSさんは話してくれました。

外壁 黒い外壁 塗り壁

customer

所在地 /栃木県栃木市
家族構成/夫婦+子供
構造規模/木族軸組工法
敷地面積/303.16m2(91.7坪)
延床面積/110.90m2(33.5坪)

整然とした低い街並み、そこに広がる美しい空が印象的でした。そこで、空を見上げる事なく、常に生活の一部として感じられる住宅を考えました。そこで、南北に勾配を取った切り妻屋根の南面に、大きな穴を開けて空を切り取りました。勾配面に開けた穴から見える空は、その勾配がゆえにより水平に近い視角に入り、見上げる事なく常に空が生活の一部に入り込んできます。中庭型プランで閉じる一方で、空の表情の変化と共に生活する、空と一体となった開放的な空間を実現した。
設計: 石井秀樹建築設計事務所

閉鎖的に見えて開放的な住まい

愛犬家のガレージハウス

光と影が調和するモダンな平屋

大開放の吹抜けリビングとガレージのある暮らし

木の温もりあふれるシックな平屋

全件表示する