works

周囲に馴染むシンプルな平屋

外観 夜景 東側から 塗り壁

周囲に馴染むシンプルな平屋

良い意味で裏切られたファーストプラン

ずっと家を建てたくて土地を探していたというMさん。なかなかしっくりくる土地を見つけられずにいたところ、通勤に便利な駅に近い場所に分譲地が出来ると聞いて即決。そこから家を建てる会社を探すために、まずは栃木県の建築家をインターネットで検索していたという。「もともと、住宅展示場で見学できるような家は考えていなくて、何か少し違う、デザインされた家を建てたかったんです」と夫人。
そんな時、第一住宅と建築家のイベントを知り参加したところ、そこで話をしてくれた建築家に「私がプラン提案しましょうか」と言われ、もう一度会う事にしたのだそう。
そして提案されたファーストプラン。「良い意味で期待を裏切られました(笑)2階建てを希望していたのですが、提案されたのは平屋建て。建築家と建てたいとは思っていましたが、一般的な感じでと話していたので。でも土地も広いし、平屋がおすすめな事、このプランにしたコンセプトなどを聞いているうちに、贅沢だけど平屋建てを建てることが出来るならと二つ返事で決めました」とMさん。そこからMさん夫妻の家づくりがスタートした。

外観 白い外壁 塗り壁

外観

キッチンから LDK

リビングダイニング

キッチン 1段さがる アイランドキッチン

キッチン

軒 ウッドデッキ

ウッドデッキ

玄関 廊下 天窓 明るい

玄関

お風呂 シンプル 窓が大きい 明るい

バスルーム

リビング 畳スペース 1段高い

斬新なおもしろさ

「私たちの希望は、明るさ重視の開放的な家。電気を付けていなくても明るくて、家族の様子が常に分かる事。ここをクリアしてもらえたらと最初にお願いしていました。ファーストプランは平屋である事のほかに、斬新すぎて人が住めるのかな(笑)って思うくらいでしたけど、何だかおもしろそうだなって。」と夫人。
ほぼファーストプランのまま話が進むほど建築家の提案してくれたプランにはまったというMさんご夫妻。大きな開口から光と風を享受するLDK。天窓を設けた開放的な空間は、仕切りがなくとても見通しの良いワンフロアになっている。また家族の団らんの場所は、肌なじみの良い畳を採用。「アパートに住んでいるときに、こたつで食事をしていたので、その快適さから同じように使える畳スペースを希望しました。」とMさん。掘りごたつのように足を下せるつくりのため、座りやすく寛げるのが魅力だ。天井も勾配にしたことで、縦横に広がりを感じられ、ゆったりとした空間設計も実現している。
キッチンは1段床を下げて、料理中もリビングの家族と目線が揃い、家族には嬉しい設計になっている。
南面が全て窓になっていることから、とても明るいMさん邸。軒を深くしていることで雨や直射日光を遮る役割もあり、ただ明るいだけではない設計力も光る。さらにウッドデッキと軒天の木張りが美しく、庭との調和がとても美しい。

LDK 畳スペース 寝室 子供室

時を経ても色あせない 穏やかな暮らし

家を建ててから家が好きになったと話すMさんご夫妻。あえてLDKと個室の間に壁を作らない建築家のプランだが段差を作る事で程よい距離感と独立性を持たせている。「壁がないので南北の風の抜けがとても良くて、居心地が良いです。寝室、子供室とLDKの境に壁を作らなかったことで空間を広く使えるし、とても満足しています。」とMさん。
「アパート住まいの時に狭くて嫌だったお風呂は広くしてもらったので、快適だし窓も大きくて明るいんです。最初は南側にお風呂?窓大きくない?と思いました、予想外で。でも、結果的にものすごく気に入ってます!」と夫人は話してくれた。
ゆったりと広い空間が確保できる平屋建て。子供が巣立つまで、夫婦で歳を重ねてゆく時。。。ライフスタイルに合わせて空間の使い方を変えてゆけるのがMさんのお住まいだ。

分譲地にありながらも自然を背景に佇む個性と調和の絶妙なバランスのとれた唯一無二の「艶」を与え、邸内から溢れる灯さえ、外観デザインを構成する要素の一つ。住まうほどに愉しみが増える住まいが完成した。

外観

customer

所在地 /栃木県宇都宮市
家族構成/ ー
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/321.18m2(97.15坪)
延床面積/113.86m2(34.44坪)

中庭 家族 テラス

変形地をいかした中庭のある家

LDK 明るい 無垢床 ハイサッシ

陽光あふれる暮らし

ハンモックとリビング

愛猫と炎を囲む心地よい暮らし

変形地に建てたバイクガレージの家

変形地に建てたバイクガレージの家

キッチンとロフトの程よい距離感

公と私を棟で繋げた ひとつながりの家

全件表示する