株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

施工事例


works

栃木市|風景と暮らす家

栃木市|風景と暮らす家

家族全員の幸せのために

長野県ご出身のTさんと、北海道ご出身の夫人、そして愛犬のアトム君と桃太君 2人と2匹で暮らすTさん夫婦。元々は他県の賃貸アパートにお住まいでした。 「アパートの家賃にお金をかけるのはもったいないなと感じていました」と話すTさん。 「土いじりの好きな夫人、そして愛犬2匹が思いっきり走りまわれる環境を用意してあげたかった」と 家族思いのTさんの優しい気持ちが、「家」探しの始まりだったようです。

現ご自宅は、当時第一住宅のモデルハウスだったそう。 そこの見学を予約し訪れた際の感想は、実は外観はあまり好みではなかったと夫人。 ところが、室内に入った瞬間「ココだっ!!!」と思ったとお2人。 「無垢材の床、インテリアコーディネート、家具や全体の雰囲気、室内から見える景色。 とにかく全てが気にいったんです」と夫人。 もちろんそれだけではなく、第一住宅の住んでからのアフターフォローやインターネットでの口コミなども調べて 「信頼出来る」と購入を決めたのだそう。

夫人が選びお洒落に飾られた雑貨やお2人の幸せな写真などが、さらに室内を素敵に見せているのだと思います。 そこには目に見える素材やデザイン、目には見えない構造にも気を配って作った家だからこそ、この建物の良さを実感し、 日々の暮らしにも手を抜かず、丁寧に暮らすTさん夫妻の想いや姿勢を感じられました。

夢をみているような毎日 家にいる時間が愛しい

入居してからまだ数ヶ月ですが、確実に生活の質が上がっているようです。 朝は仕事に向かうTさんを愛犬2匹と一緒に散歩をしながら最寄り駅まで送るのが日課と話す夫人。 そして仕事から帰るTさんは「毎日家に帰るのが楽しみになっている」といいます。 スキなことを毎日出来るということ、庭いじりや愛犬の世話、掃除、そして自分で育てたハーブを使った家族のための料理。 そんな日常がとてもウキウキする!と夫人。

お2人の会話から毎日の暮らしが見えてくるようです。 建売を購入したので「家」づくりを考えたわけではありませんが、自分たちの「家」を探す、考えることはとても労力がかかり、時間もかかること。だからこそ「絶対に妥協しない方が良い」とTさん。

多少予算をオーバーしても快適さや家に対する安心感、デザインなど、これかずっと住む「家」にはしっかりとお金をかけるべきと お2人揃って語っていました。まだまだ続くT様ご家族の未来。これから、もっともっと家族の物語が紡がれていくのでしょう。

外観

customer

所在地 /栃木県栃木市
家族構成/夫婦+愛犬2匹
構造規模/木造2階建て
敷地面積/233.03m2(70.49坪)
延床面積/99.36m2(30.05坪)

小山市|風景を取り込むスタイリッシュな家

下野市|ミニマムに暮らす2世帯住宅

小山市|閉じながら開く中庭のある暮らし

skipfloor

古河市|スキップフロアのあるコンパクトな家

宇都宮市|繋がりの家|平屋

kitchen sekouzirei works

栃木市|細部まで美しい和・ナチュラルな住まい

全件表示する