works

変形地に建てたバイクガレージの家

変形地に建てたバイクガレージの家

変形地に建てたバイクガレージの家

のびのびと暮らす

お子様の成長を期に家づくりを考え始めたというMさん。「アパート住まいだったのですが、子供が部屋で側転したりバタバタするたびに、階下の方に申し訳なくて。子供にいつも”シィー”て言っていました。なんだかかわいそうだな、もっとのびのびとさせてあげたいなと思ったのがきっかけでした」と話す。とりあえず住宅展示場を何軒か見始めたそうです。そんな時に第一住宅の展示場を覘いてみたらスタッフの服装がラフで気楽に話せたこと、また対応も良く好感を持てた言います。
その後、第一住宅のモデルハウスや完成現場を見学した際に、ベランダがない2階建てや洗面室が南側にあるなど、全体的に今まで見たことがない作りで、またどこの建物を見学しても床が無垢材だったこともあり、”家の質が違うな”と感じたそうです。
「夫とアドバイザーさんが意気投合しちゃって!これは第一住宅で家を建てる事に決めるひとつの要素になりました。あとは家づくり勉強会に参加して、家の性能の話をじっくり聞けたことは良かったですね。色々な事を総合的に考えて第一住宅で建てることにしました」と夫人。

リビングで遊ぶパパと兄弟

リビング

リビングと和室と洗面所のつながり

リビングと和室と洗面所のつながり

ファミリークローゼットに洗濯物を片付ける夫人

ファミリークローゼット

子供室とWIC

子供室とウォークインクローゼット

バイクガレージとガラスブロック

バイクガレージ

南北に抜けられる敷地計画

南北に抜けられる敷地

キッチンと広いダイニングカウンター

ヒアリングでわかった自分たちに本当に必要な物

最初からMさんは平屋を希望していたと言います。「実家は2階建てなのですが、自分たちが実家を出てから2階はほとんど使わなくなっている事を目の当たりにしているので、平屋しか考えていませんでした。何軒か見学させてもらった建物に平屋建てが多く、とても参考になりましたね」と話してくれた。
最初の家づくりヒアリングで「収納がここに欲しい、あそこに欲しいといくつか要望したら、その収納には何をしまいますか?って聞かれて。考えてみたら漠然と収納が欲しいと思っていて何をどこにしまうかまで考えていなかったことに気づかされました。結局、たくさん収納があっても使わないかもという事になり必要な場所にのみ配置してもらいました」と夫人。
また共働きなのでなるべく家事に時間がかからないようにと要望したというMさんの家にはダイニングテーブルがありません。「これも、ヒアリングの時に出た話なのですが、アドバーザーさんに今のアパート住まいでダイニングテーブルの上が物置き場になっていませんか?って言われて。ビックリしました!当たってると思って(笑)だから、ダイニングテーブルを置かずキッチンの目の前をカウンターダイニングにすると、さっと料理を出せるから楽ですよと提案していただいて。結果、ものすごく使いやすくて、子供たちが片付けもしてくれるようになりました」と嬉しそうに夫人が話してくれた。新たな家具を買い足さず、空間に統一性がうまれるのも造作家具の魅力の一つだ。夫人はお店のような感覚も楽しんでいるそうだ。
広々とした洗面脱衣室も要望の一つ。「日中でも洗濯物を干しておけるように広い洗面脱衣室を希望しました」と夫人。洗面横には広いカウンターもありそこで洗濯物をたたみ、真後ろの造作棚にすぐしまえる。家事動線が最短距離で済むのでとても重宝していると言う。窓も大きく北側とは思えない明るさも魅力的だ。

玄関とバイクガレージと室内の繋がり

家族でのびのびと 居心地よく

Mさんたっての希望のバイクガレージは2台のバイクが置けて、作業も出来る。ガレージと玄関が繋がっているのでガレージで作業していても気軽に室内に行き来も出来る。このバイクガレージとLDKの間にスリット窓を採用したのは夫人のこだわり。「夫は物事に集中したり、ふらっと出かけたりする人なので、キッチンからガレージの様子が分かるように要望しました」と夫人。空間の雰囲気を崩さずにデザイン性を持たせながら、ガレージの様子がさりげなく分かるのがスリット窓の魅力でもある。
玄関ホールとLDKを優しくつなぐガラスブロックも夫人のこだわり。細かなこだわりを叶えられるのも注文住宅ならではだ。
運転が苦手と言う夫人のために、南北の道路に楽に出られるように建物の配置を考えたり、南側の土地には今後も建物が建つ予定がないという敷地条件を見極め、視線が気にならない場所に大きな窓を取ったり、変形地であることを忘れさせてくれる設計は、建築家のなせる技だろう。
「土地探しの時に変形地は相場よりも少し単価が下がると言われ、購入を決めましたが、どんな家になるのか?ワクワクと不安なドキドキ感もありました。でも建築家さんが一つ一つ要望に対して真摯に向き合ってくれて、変形地であることを感じさせない空間づくりのおかげで、とても居心地が良いです」と話すMさん。「たくさん要望を言いました。どれもこれも自分たちの思いが叶えられました。夫は神経質なのでこの家に引っ越してきてから、馴染むのに時間がかかるかなとも思いましたが、びっくりするほど早く馴染んでいました。大満足の家になりました」と最後に夫人が話してくれた。

gaikan hiraya

customer

所在地 /栃木県栃木市
家族構成/夫婦+子供2人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/296.13m2(89.5坪)
延床面積/96.30m2(29.1坪)

光と影が調和するモダンな平屋

大開放の吹抜けリビングとガレージのある暮らし

木の温もりあふれるシックな平屋

中庭 家族 テラス

変形地をいかした中庭のある家

LDK 明るい 無垢床 ハイサッシ

陽光あふれる暮らし

全件表示する