株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

施工事例


works

小山市|住み心地にこだわった東西に長い平屋

小山市|住み心地にこだわった東西に長い平屋

2人目のお子様が産まれて、当時住んでいたアパートが手狭になったことで、家づくりを考え始めたKさん。とりあえず住宅斡旋会社を訪れ、「4社ほど住宅メーカーを紹介してもらったのですが、その中の1社以外はあまり惹かれなかったです。その1社に間取りや見積もりを出してもらいました。」とKさん。

そんな折、夫人の兄夫婦の家に遊びに行ったときに「暖かくて驚いた」とKさんご夫妻。その家が第一住宅で数年前に建てた家だったと言います。「その暖かさがとても印象的で、第一住宅のモデルハウスを見学しました」とKさん。断熱や気密、耐震性能など「見えない部分」の説明に納得し「性能が良い家が良いな」という気持ちになってきたと言います。また、完成見学会にも足を運び、「デザインの良さにも納得しました」と夫人。

同時に土地探しもしていたKさん夫妻。エリア、70坪以上、日当たりの良さ、という条件を全て満たす予算内の土地がなかなか見つからなかったそうですが、偶然破格の値段の土地情報を見つけ現地を見に行くと、少し道路が狭いこと、土地が東西に細長いことがネックになったそうですが「不安はありましたが、建築家の設計力に期待しようと購入を決めました」とKさんは話します。

建築家から出てきたファーストプランを見て、夫婦ともに満足したと言います。Kさんは性能と住みやすい間取り、夫人は間取りの自由度と家事動線を重視していたそうで、全てが詰まったプランに「さすが建築家は違う」と思ったそうです。「建築家の先生が、最初はちょっと取っつき難いかなと感じたんですが、主人は逆にその感じが良かったみたいです。」と夫人。「まさに建築家!って雰囲気が信頼できましたね。」とKさん。

そんなKさんの家は、東西に細長い33坪の平屋。「東西に細長いと感じない、とても使いやすい間取りです」と夫人。「リビングクロークが欲しい」「キッチンカウンターには充電コーナーを」「片付けが苦手なので適材適所の収納スペースを」といった細かい要望も、もれなく叶えられています。

また、Kさんの「天井をただ平な仕上がりにしたくない」という要望から、折り下げ天井の畳スペースを建築家が提案。「畳スペースは欲しかったですが、この配置は驚きました。細長いから出来た間取りですね」とKさん。

寝室の一角に設けた書斎は、Kさんの仕事スペース。「完全に壁で仕切らず、寝室とのつながりを持たせたいことと一面の本棚を要望しました。」ベット側と書斎の間は壁で仕切られてはいるものの、天井までは塞がずに繋がりを持たせています。仕事をしながら空を眺められるようにと窓位置を工夫したのも建築家の提案。そして部屋の隅に書斎があることで集中力も増すプランになっています。

ベット周りの間接照明やクロスの色合いはKさんの要望。「こーしたいなというイメージがあったので、それをカタチにしてもらった感じですね」

パブリックエリアのLDKからプライベートエリアへの通路一面にはクローゼット収納を確保。「まだまだ色々と収納できそう。収納をたくさん設計してもらったので、収納量は十分にあります」と夫人は満足そう。

玄関の正面にある畳スペースは、格子壁で目隠しをしつつも、光と風が通り抜け、来客にも好評だと言います。「東西に細長く南北は狭い土地なので、一番の不安が日当たりでした。でも、そこを完璧にクリアしていて、本当に日当たりの良いプランを作ってもらったので、冬でも日中は暖房要らずでした。毎日とても有難く感じています」と話してくれました。

家づくりの過程は、「決めることがたくさんあるので悩みましたけど、一番悩んだのがどの住宅会社にするかという初期段階でしたから、その後の家づくりの打ち合わせは楽しい方が多かったように感じます」とご夫妻。「住んでみて、本当に良い家で満足しています」と、しみじみとお話していただけました。

customer

所在地/栃木県小山市
家族構成/夫婦+子供2人
構造規模/木造軸組工法
敷地面積/379.18㎡(114.7坪)
延床面積/112.35㎡(33.9坪)

宇都宮市:家族が集まるカウンターキッチンの家

栃木市|借景を愉しむ平屋

小山市|3世代が暮らす白が基調のスタイリッシュな家|平屋

appearance

結城市|回遊できるコンパクトな平屋

washitu wahuu

佐野市|景色もとりこむ和風の家|平屋

loft living

宇都宮市|ロフトを愉しむゼロエネの家|平屋

全件表示する