株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加

column

キッチンとダイニングテーブルのレイアウトのまとめ【間取り】2020.07.14

間取りを決める中で特に主婦の方が最初に悩む場所としてあげられるキッチンとダイニングの位置関係。大きく分けると「対面型」「横並び型」「独立型」「一体型」の4タイプがあります。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみましたで参考にしてみてください。


|対面型


キッチンに対してT字にダイニングテーブルを置くと言う対面型、よく見かけると思います。写真のようにキッチンとダイニングテーブルの間に壁があり、仕切られているようなクローズ型の対面キッチンが一般的です。このタイプのメリットは、ダイニングの椅子に座ればキッチンの中までは見えないため、シンク内などが乱雑でも気ならない、水撥ねなどがダイニング側に飛ばないので汚れを広げずに済む、など定番のタイプというだけあってメリットはたくさん。

ですが、デメリットもあります。例えば、食事を配膳するときや片づけるときはいちいち立って回り込まないといけないので、毎日のこととなると、意外と大変だったり、ダイニング側からキッチンの背面側(食器棚側)が間取りによっては丸見えになる、コンロ側が壁付けの場合はそこからダイニングへの動線が長いなどがあげられます。キッチンとダイニングの間に壁のないオープン型であれば直接キッチン側から配膳もしやすく、上記であげたデメリットが解消されることもあるので、一口に対面型といってもキッチンの種類で多少メリット・デメリットは変わります。


|横並び型



ダイニングテーブルをキッチンの横に配置するタイプです。キッチンとダイニングテーブルの高さは違いますが一直線に並ぶのでスッキリして見えるのが特徴です。このタイプのメリットは、できた料理をすぐに食卓へ配膳できるのでお盆要らず、座ったままシンクに食器を置くことができるので片付けが楽、など家事動線が短く済みます。デメリットとしては、ダイニングテーブルからキッチンが丸見えなので、あまりシンクなどが乱雑なままだと気になる、シンクで洗い物をしているとダイニングテーブルに水撥ねするなどがあげられます。

このタイプもオープン型とクローズ型があり、上記のようなクローズ型にすることで水撥ねなどのデメリットは解消でき、メリットの配膳などの動線短縮はそのままなので両方の良さを得ることもできます。


|独立型



あまり見かけないかもしれませんが、キッチンとは完全に空間を分けているタイプです。「食事をする空間」「食事をつくる、片付ける区間」と明確に分けることで、それぞれの空間の音や匂いなどが気にならずに済みます。また急な来客にも慌てずに済みますし、ダイニングやリビングなどのインテリアと合わせず、キッチンを自分好みのインテリアで揃えるなんてことも出来るので、パパの書斎に代わるママだけの空間として自由にアレンジしてみるのも良いですね。「炊事仕事は裏方で孤立」という昔ながらの考えではなく、新しいスタイルとして考えても良いかもしれません。


|一体型・カウンター型

キッチンと同じ素材で一体にみえるように造作するタイプです。このようなデザインですと正直コストは高くつきますが、意匠性でいうと抜群のかっこよさがあります。どうしてもダイニングテーブルと言うと木製を思い浮かべてしまいますが、大理石など素材感を活かし造作できるので自分だけのオリジナルをつくることが出来るのも魅力です。

キッチンと広いダイニングカウンターカウンター型は、造作ダイニングカウンターとして最初からつくるタイプで、テーブルを置くスペースを気にすることがなく、また新しくテーブルを買う必要もないので、コストを抑えられます。また現在生活している家でダイニングテーブルの上が物で溢れている。。。と言う方にもオススメです。と言うのも、置くところがあるからこそ物が増える!と言う話もありますので、ダイニングテーブルをなくすことで、必然的にキレイな空間をつくれるかもしれません。


キッチンとダイニングテーブルの配置は使いやすさや見た目の問題だけではなく、そもそもどのくらいの広さをダインングキッチンに使えるのか、家全体の間取りにも関係してきます。自分の理想を描きながらもライフスタイルを思い浮かべ、それを踏まえてまとめ上げてくれる建築家などにも相談をオススメします。


laundry

【実例写真あり】ママに嬉しいランドリールームのすすめ

walk in closet

ファミリークローゼットのすすめ【実例写真・間取りあり】

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【トイレ編】

間違ったコストダウンに要注意!満足感を得られるために考えること

cold heatshock tochigi

ヒートショックは予防できる!高断熱住宅で健康寿命も延ばす【栃木県】