column

冷蔵庫のレイアウト【間取り】で見る6選と奥行きの使い方2020.11.24

キッチンのどこに冷蔵庫を置くと使いやすいのか?冷蔵庫や食器棚は比較的自由に配置できるので、注文住宅を建てる時は自分にとって、家族にとってベストな場所に冷蔵庫をレイアウトしたいですよね。そこで今回は、使いやすいキッチンにするために、多くの方が悩む冷蔵庫のレイアウトをキッチンの間取りと一緒にご紹介していきます。


|レイアウト6選


冷蔵庫がキッチンの手前にあると、リビングにいる人が冷蔵庫に飲み物を取りにいくときに、料理をしている人の邪魔にならずにすみます。特に包丁を持っていたり油や熱い料理を作っている時はキッチンをウロウロされると気になりますし、危ないのでなおさら手前にある冷蔵庫は重宝します。また、冷蔵庫の前にキッチンがない上記のレイアウトですと、買い物から帰ってきて、食材を冷蔵庫に入れる際に冷蔵庫の扉を全開にしても空間が広いので楽に仕舞えます。

デメリットはコンロに立っている時に、冷蔵庫に必要な物を取りにいくとなると、少し距離があります。また、リビング側から冷蔵庫が丸見えなので、気になる人は最近は見た目がお洒落なデザインの冷蔵庫も数多く出回っていますので、そのような冷蔵庫を置くことをおすすめします。



冷蔵庫をキッチンの奥に配置した場合のレイアウトです。冷蔵庫が奥まった位置にあるので目立ちにくいというメリットがあります。そのため、冷蔵庫などの家電製品をあまり目立たせたくない人にはおすすめです。

デメリットは、冷蔵庫が奥になることで料理中に家族が飲み物を取りにくる時など、キッチンが混雑します。しかし、上の図面のようにパントリー側から冷蔵庫にアクセスすることも出来る場合は、問題なさそうですね。


この図面のように、食器棚と冷蔵庫の奥行きをに合わせるとキッチン全体のバランスが整います。上の図面のように食器棚の奥行きと冷蔵庫の奥行きの差(この図面でいうと柱芯~柱芯で21㎝)を反対側の脱衣室用の棚にすることで有効的に使え、さらにキッチン側もすっきりとします。↑写真右側の奥行きの浅い棚です。とても便利!

デメリットは、やはりキッチンの奥にあるため、料理中に冷蔵庫に飲み物を取りにくる家族でキッチンが混雑することです。ですが、冷蔵庫を目だななくさせることと使い勝手のどちらを優先するのか家族で話し合い、その結果がキッチンの奥なのであれば、問題はないでしょう。(建売住宅など、とくに意味もなくこの場所に冷蔵庫をレイアウトしている場合があるので、最初によく見ておきましょう)




こちらは冷蔵庫をキッチンの横において冷蔵庫置き場にしたレイアウトです。完全に冷蔵庫が隠れるので家電製品をあまり見せたくない人におすすめです。また、食器棚と冷蔵庫の奥行きは差がありますが、キッチンと冷蔵庫の奥行きの差はほとんどありませんのでキレイに真っすぐツラ(面)がそろいます。

また、来客時でも冷蔵庫の中が全く見えないのが良いですね。


上の図面のように引き戸をつけて冷蔵庫と食器棚を隠すという方法もあります。ですが、この場合は引き戸の分も奥行きが必要となりますのである程度広いキッチンが必要になります。また、冷蔵庫は熱を出しますし、他の家電、例えば電子レンジや炊飯器なども熱や湯気を出しますので、基本的には引き戸は開け放して使用し、来客時だけ引き戸を閉めるのがベストです。


いわゆるアイランドキッチンのタイプです。この場合、奥か手前かという判断ではなくなります。また、先ほども説明しましたが、冷蔵庫と食器棚のツラ(面)を揃えるために、食器棚の後ろの壁を手前に設計し、逆側を有効に使う、これはおすすめです。この図面の場合は柱芯~柱芯が30㎝で物干しコーナーに衣類を入れるオープンラック置き場として使用しています。↑ちょっと分かりにくいですが、右側のラックを置いている場所です。


|まとめ


今回は冷蔵庫のレイアウトについてご紹介しました。冷蔵庫のレイアウトひとつで、キッチンの使いやすさが変わります。使いやすさは人それぞれ。どの冷蔵庫のレイアウトが一番使いやすいのかをしっかり考えて、より使いやすいキッチンにしましょう。

今回の内容を参考にして、あなたの理想のキッチンをつくってくださいね。

こちらも参考にしてみてください→キッチンとダイニングテーブルのレイアウトのまとめはこちら


新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【ダイニング編】

家事が楽になる!好きになる【間取り】家事動線4つのポイント

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【ロフト編】

新築住宅で失敗しないために!読んで欲しい【子供部屋編】

冷蔵庫のレイアウト【間取り】で見る6選と奥行きの使い方

勾配天井【実例あり】良いこといっぱいを徹底解説

ニッチはアイディア次第【実例写真あり】センスが光るおしゃれで機能的な13例

家中どこにいても暖かい家は寿命を延ばす!暖かい家をつくる3つのヒミツ

キッチンの窓選び~快適さと役割で変わる大きさとデザイン【実例あり】

室内干しおすすめの場所とコツ3選【実例あり】

30坪で叶う憧れの平屋の暮らし【間取り図あり】

かっこいい外観をつくる3つの簡単なルール!

洗濯物を干すだけじゃない?良いことたくさん!サンルームのすすめ

書斎つくりで失敗しない!テレワークのための【実例付き】ポイント紹介

2階建て?平屋?面積はどれくらい?間取りを最初に考える4つのポイント

後悔しない家づくりのために絶対役立つイメージパース!って何?

リビングの快適さ・満足度は広さだけじゃない!気にしてほしい3つのこと!

体を元気にする高気密!そのワケ教えます

キッチンとダイニングテーブルのレイアウトのまとめ【間取り】

構造計算って必要?耐震等級って?知っておくべきお堅いお話し

土地が決まったらまず最初にやるべき「敷地調査」とは?

家づくりで失敗しない素材選び~アイアン編~

洗面台はどこに置く?おすすめ3選【間取り】

こだわるべきウォークインクローゼットのあれこれ

夏の大敵!蚊の“ブーン”とおさらばする方法

家づくりを始める方がまずやるべき3つのこと!

すまい給付金を活用!対象者など事前にチェックのすすめ

ゼッチ(ZEH)とは?もうすぐ当たり前になるZEH住宅のお話し

自己資金額を増やすために「贈与を活用」の注意点とは?

二世帯住宅、どう建てる?適度な距離感を保つ方法

テレワークになっても安心!快適な書斎を作る方法

梅雨のじめじめ&べたべたは小さな工夫で解決!

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てる訳

今、平屋が人気!30代でも平屋を建てるワケ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

夢のマイホーム購入!頭金っていくら必要?のホントのところ

希望の土地を最速で見つけるコツとは? 広告の情報はすでに古い場合も!

高気密・高断熱の家ってどんな家? 気密性とは?高気密が必要な理由

高気密・高断熱の家ってどんな家? 高気密が必要な本当の理由

完成見学会でチェックしておくべき点とは?

完成見学会で必ずチェックしておくべき点とは?