株式会社第一住宅LINE友達追加株式会社第一住宅LINE友達追加
 

家づくりで失敗しないために
読んでほしいコラム


column

色使いで変わる体感温度!初夏に向けて部屋の模様変えのすすめ

2024.03.26

ここ数日、春の気配をとても強く感じるようになりました。冬に使っていたラグやマットなどを片付けながら、その後の初夏に向けて部屋の模様変えをしたくなる人も多いのではないでしょうか?そこでおすすめするのが、寒色を使ったインテリアです。寒色を目にすると、血圧を下げ心拍数も低下させるなど、鎮静効果があると言われています。見た目も涼しげな寒色を取り入れた初夏のインテリアを取り入れて快適なお部屋を作りましょう。


:≡目次


1.色で体感温度が変わる!?

2.インテリアには黄金比がある!?

 ベースカラー

 アソート(メイン)カラー

 アクセントカラー

3.透明感のある小物で涼しげに





色で体感温度が変わる!?




同じ温度設定の部屋のインテリアを赤ベースにするか青ベースにするかで実際の体感温度が2~3℃違ってくると言われています。そのため、特に室内は色の影響を多く受けるので、好きという理由だけでカラーコーディネートするのではなく、季節に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、色は興奮・鎮静作用にもつながります。赤は興奮作用があり、気持ちを元気にさせますし、青は鎮静作用が強く、リラックスさせたり冷静にさせる作用がありますので、風邪で発熱しているときや寝込んでいるときなど、出来れば鎮静作用のある青や薄い紫などの寒色系の寝具を使うことをおすすめします。





インテリアには黄金比がある!?




インテリア黄金比とは、どんな色の組み合わせでも、バランスがよくセンスのあるイメージが演出される配色割合の比率のことです。それは「ベースカラー」「アソート(メイン)カラー」「アクセントカラー」の3つの色を【7 : 2.5 : 0.5】にすることです。



ベースカラー




ベースカラーは配色の70%を占めます。大きくて広い壁面や天井に床。お部屋を構成するこれらの内装の色がベースカラーとなります。多くは白い壁や床のナチュラルやベージュ・ブラウン系が一般的です。中でも特にインテリアテイストの印象を左右するのが床の色です。ブラウン・ナチュラル系の無垢材にするか、白いフローリングにするのかだけでも、まったく違う印象になります。(写真クリックで施工例ご覧いただけます)



アソート(メイン)カラー




お部屋の25%を占める、アソート(メイン)カラーです。テーブルやソファ・ラグ・カーテン・キャビネットなど、お部屋の中でも目立つ大きめの家具やインテリアを指しますアソートカラーは1色とは限らず、広いお部屋になると2色ほど選ぶ場合もありますが、合計でお部屋の25%という比率は守りましょう。ここ最近はワントーンコーディネートのような、ベースカラーとアソートカラーを同色で合わせたコーディネートも人気です。(写真クリックで施工例ご覧いただけます)



アクセントカラー




アクセントカラーとはお部屋の面積のほんの5%を占める色。クッションなど小物などのインテリアを指しますほんの5%とはいえ、アクセントというだけあって目立ち、お部屋に入ったときに真っ先に目を惹く色なので、小物であっても使いすぎには注意しましょう。また、小物のため気軽にインテリアを変えやすいので、季節に合わせてカラーを変更してみると良いでしょう。(写真クリックで施工例ご覧いただけます)





透明感のある小物で涼しげに




インテリアカラーだけでなく、ガラスやアクリルなどの透明感ある小物を取り入れると、涼しげな印象がプラスされます。



また、空間に吊り下げて、ゆらゆら揺れるインテリア、モビールや吊り下げる植物など、ゆらゆら揺れることで視覚で風を感じ取ることができ、涼しげな区間を演出してくれます。



いかがでしたでしょうか?白と木目のブラウン系が基調となってくるお部屋が多いとは思いますが、季節に合わせたカラーをアクセントカラーに取り入れて涼しげにコーディネートしてみたり、爽やかな小物を取り入れてみたりして、見た目も心地良いお部屋づくりをしてみてくださいね。



インテリアコーディネートもしっかりお手伝いします、栃木県小山市の工務店「第一住宅」です。モデルハウスご見学予約はこちらから→リアルサイズモデルハウス『空門の家』


カビない家に住みたい人に読んでほしい!カビを知ってカビとはさようなら

値上げラッシュの2024年!電気代のかからない家づくりのす、す、め

お家のじめじめとさようなら!簡単にできる梅雨対策、5選!

エアコンの冷房と除湿の使い分けって?今年は上手に使って快適に♪

花粉症対策!実は1年中飛んでる花粉を家に入れないためには?